理科実験,科学実験,サイエンスショー,体験,講座,子供,学生

後藤道夫先生 | 南信州飯田おもしろ科学工房

理科実験,科学実験,サイエンスショー,体験,講座,子供,学生
後藤道夫先生の紹介
ごあいさつ
sensei-01
私は生まれてから、10才になるまで飯田で過ごしました。浜井場小学校や追手町小学校に通っていた頃は、友達と毎日、野や山や川を飛び回り、野底川で蟹や魚を捕まえたり、松川や天竜川で泳いだり、風越山に登ったり、あちこちの花火を見にいったり、楽しい思い出が沢山あります。

静かな、景色のいい、この故郷飯田の子どもたちに「科学の楽しさと不思議さを知ってもらいたい。」「科学を好きになってもらいたい。」との思いから、平成11年から飯田市教育委員会の協力により市内の小・中学校を対象とした「巡回科学実験教室」を開設し、平成12年からは下伊那郡の小・中学校も対象にして平成18年までの8年間で819教室、延べ35,988人の子どもたちに科学の楽しさを伝えて来ました。平成13年6月には「巡回科学実験教室」をサポートするボランティアグループ「おもしろ科学工房」が組織され、「かざこし子どもの森公園」の公園長就任と同時期に取り組み始めた「理科実験ミュージアム」や「出前工房」などで飯田や下伊那郡の子どもたちと理科実験をするのをとても楽しみにしております。

みな理科が好きで好きでたまらない子どもたちばかりです。頭を使い、手を使って楽しい実験装置を一人一人が作る課程において、子どもたちは自由な発想を持ち、すばらしい創造性が生まれるのを目にします。体は使えば使うほど強くなり、頭は使えば使うほど良くなります。私は昭和2年生まれですが、健康のために毎日歩き、本を読み、色々な実験を考え作っており、それを「おもしろ科学工房」のスタッフの方々と各地で実験しております。

私が科学の不思議さ、美しさ、面白さに目覚めたのは、少年の時経験した、科学実験の素晴らしさに強い感動を受けたからです。感受性の強い、純粋にものを見る少年、少女の心に、少しでも感動を与えられるような楽しい科学の実験と工作ができるように、「おもしろ科学工房」の方々と共に、毎日力を尽くしたいものと思っております。

【後藤道夫先生関連記事】


このページの先頭へホームへ