理科実験,科学実験,サイエンスショー,体験,講座,子供,学生

後藤道夫先生 | 南信州飯田おもしろ科学工房

理科実験,科学実験,サイエンスショー,体験,講座,子供,学生
後藤道夫先生の紹介
朝日オーサ・ービジット
朝日新聞社が主催している「朝日オーサー・ビジット」

さまざまな分野の本の著者が、学校を訪れ、出張授業をする「オーサービジット」の講師として
毎年、全国をまわって出前授業を行なっています。

2011年 (福岡県) 福岡県立三池高等学校
2010年(岩手県) 盛岡市立大慈寺小学校
2009年(秋田県) 秋田県立秋田南高等学校
2008年(山梨県) 丹波山村立丹波小学校
2008年(岡山県) 岡山市立吉備中学校 
2007年(長野県) 長野県立飯田高等学校
2007年(神奈川県)横浜市立南山田小学校
2006年(岡山県) 岡山市立伊島小学校 
2006年(富山県) 高岡市立高岡西部中学校
2005年(千葉県) 市川市立富浜小学校
2005年(大阪府) 河内長野市立加賀田小学校

前を向いて進もう・・・福岡県立三池高等学校
朝日新聞  2011.11.23掲載記事

オーサービジット

紙製ロケット大成功・・・・盛岡市立大慈寺小学校
朝日新聞  2010.11.9掲載記事

朝日オーサービジット盛岡


朝日オーサービジット盛岡

後藤道夫先生への感謝の手紙

今日は、おいそがしい中、わたしたちのために、わざわざ来てくださりありがとうございました。
わたしが、先生におしえてもらって、学んだことは、イトカワのこととハヤブサのことです。
わたしは、イトカワのことやハヤブサのことがあまりわかりませんでした。
でも、先生に教えてもらってイトカワの大きさなどがわかりました。
そして、もう1つは、地球と太陽の間のきょりなどをもとめるとき
とてもかんたんに「4、3、2」だけで計算できることも学びました。
それに、IAU 1億5000万kmというのもわかりました。
わたしは、始め「銀河鉄道の夜」の話は、何が理科にかんけいあるのか、ふしぎでした。
でも後藤先生の話をきいて『そうだったんだ』と思いました。
それに、ロケットについてです。
わたしは、ロケットをとばすときいて、とてもわくわくしていました。
でもロケットをとばすときわたしは、うち上げをする係でした。
ロケットをうち上げる時に、すごい音でびっくりしました。
思っていたより高くとんだし遠くまでいったのでびっくりしました。
パラシュートがうまく開きませんでした。でも、うまくとんだのでうれしかったです。
わたしは、このような事がわかりました。
今日は、ほんとうにありがとうございました。これからもがんばってください。

続きを読む >>

2010年 オーサービジット
オーサービジット

2010年5月20日 今年のオーサービジットの募集が開始されました。

後藤道夫先生2010

オーサービジット 2008年 春号 中高校編
2007年(長野県) 長野県立飯田高等学校

オーサービジット2008-1

あの疑問、この疑問解くのは君たちだ・・・長野県飯田高等学校
朝日新聞  2008年1月31日実施

オーサービジット2008-2

長野県立飯田高等学校 2年F組
 (朝日新聞 オーサービジット中高校編 2008年春号掲載)

さまざまな分野の本の著者が学校を訪れ、出張授業をする「オーサービジット2007」(朝日新聞社主催)が全国各地で行われています。『子どもにウケる科学手品77』『理科授業に使える面白クイズ』などの著書がある後藤先生が1月31日、飯田高校を訪問し特別授業が行われました。その様子を紹介します。
続きを読む >>

長野県立飯田高校2年F組のみなさんへ・・・後藤道夫
皆さん今日は、私は永い間皆さんとお会いできる日を楽しみにしておりました。
この伝統ある飯田市の高校で、こうした授業ができることは、私の大きな望みでした。
それは私が飯田市生まれ、10年間生活したふるさとであり、どこにいても瞼に浮かぶその懐かしい思い出は
80才になった今も生き生きと心の中に生きているからです。
親の仕事の都合で10才から東京に移り、70年間は東京で暮らし、大学を卒業してからも、長く東京の高校や大学で物理を教えておりました。
10年前70才のとき、飯田市教育委員会に相談して
科学教育ボランティア「おもしろ科学工房」を立ち上げたところ、地域の熱心な方々が応募してくださり
現在50名もの方々が、市内及び下伊那郡の子どもたち対象に「かざこし子どもの森公園」で
「理科実験ミュージアム」を開催しております。
また小・中学校に対しても「巡回科学実験教室」を行い、いままで9年間に850教室を回りました。
今日もここに「おもしろ科学工房」の二人のリーダー、がみえておられます。
今日の授業や実験の準備と今日行う実験のお手伝いなどもして下さいます。
ところで今日の授業の内容ですが、私がここ数年間に受けた4つの科学上の感動について皆さんに伝え
考えて頂きたいと思っております。
ただ一回の授業でそれら全部を伝えることは不可能ですので、あとは私が読書し、研究し、実験するために
身近に集めた多くの資料や書籍などを利用して皆さん方独自に読書し、研究して頂きたいものと思っております。

続きを読む >>

長野県立飯田高校2年F組から後藤先生へ
1月31日(木)、総合の時間は後藤道夫先生によるオーサービジットの授業でした。
始まる前は、「えー、なんで物理の授業・・・」なんて言ってた人もいましたが
授業が始まると80歳とは思えない後藤先生の情熱と知的好奇心に満ちたお話に引き込まれ
超電導コースターをはじめとするさまざまな実験にびっくりし、ハッブル望遠鏡の美しい映像に魅せられ
1時間半があっという間に過ぎました。
文系の人も理系の人も、科学のすばらしさに触れたひとときでした。



○科学が今まであんなにおもしろかったことがなかったけど、今日は楽しかったです。F組での授業も久しぶりでなんだか新鮮でした。
●爆発は芸術だ! 液体窒素はどんだけ冷たいんだろう。
○先生が病気になって大変だったと思うのに、この授業のために200冊もの本を読んで勉強していることを知って、本当にすごいことだと思いました。
○本を読む量がすごい。好きなことに対してとことん追求できるのはすごいと思う。
●文系の自分でもとても興味がわいた。
○先生の話を聞いているうちにどんどんひきこまれていきました。身近なところにある科学から、宇宙というとてつもなく広い世界の科学まで、すごいなあと思いました。
○教科書にのっていることとかを実験を通して見られたのでよかった。楽しかった。
●宇宙工学に興味があるので、色々な実験だけでなくハッブル望遠鏡のところもおもしろく感じた。普通はできないような実験で物理のすごさを感じた。
○実験とても楽しかったです。こんな機会があって良かったです。
○天文班で地球を見たりするけど、今日の授業を聞いてもっと知識をふやしたいと思った。
●超電導がすごい。ぶるぶるしていた。上へ浮くのはわかるけど、下に浮いて落ちないのはすごいと思った。
○「本をよむたび「どうして」という疑問が出てくる」。こういう気持ちになることが「勉強」というものなんだなあと思った。
○最後のほうの星とか惑星とかは地学の分野でもあったのでうれしかったです。火星の極冠とか勉強したなあ・・・。
●新聞の取材がとても緊張した。実験をやってみて、聞くより行動したほうがわかりやすいと思った。
●実験おもしろかった。先生も楽しくて良い時間だった。「銀河鉄道の夜」は1回ちゃんと全部読みたい。

飯田高校へオーサービジット
 大勢の高校生に囲まれてにこやかな表情を見せているのは、後藤道夫先生です。朝日新聞社の企画「オーサービジット(作者と話そう)」が、平成19年1月31日(木)に長野県立飯田高等学校で行われ、後藤先生は講師として飯田にやってきたのです。
続きを読む >>


このページの先頭へホームへ