理科実験,科学実験,サイエンスショー,体験,講座,子供,学生

後藤道夫先生 | 南信州飯田おもしろ科学工房

理科実験,科学実験,サイエンスショー,体験,講座,子供,学生
後藤道夫先生の紹介
{対談}科学嫌いは誰のせい?
「物理がおもしろい!!」  ガリレオ工房・滝川洋 1995年4月10日(株)日本評論者発行 

後藤道夫先生と滝川洋二先生(▽)の対談です

物理がおもしろい
続きを読む >>

朝日夏季保育大学
朝日夏季保育大学 朝日夏季保育大学 

2012年7月27日 諏訪市の駅前市民会館において朝日夏季保育大学が行われました。
この保育大学は、1954年保育従事者の教養と技術の向上を目的に、諏訪市で始まりました。
今回が59回目 私たちおもしろ科学工房のスタッフも久しぶりに後藤先生のお手伝いが出来ました。

会場は、全国から集まった450人ほどの保育士さんや幼稚園教諭など大勢の人でいっぱいです。
後藤先生は、反射神経測定器やチャイルドビジョンを使って、子ども達がいかに事故に合いやすいか説明したり
サッカーボールが6角形を使って、作ることができることを
カメの甲羅に例えて、わかりやすく説明されました。
後藤先生が、この講演のため全て自分一人で、何ヶ月もかかっていろいろな道具を制作してきたと話すと
客席から大きな拍手が沸きました。本当に先生ご苦労様でした。
参加者の皆さんは、わっか取りペン落としの体験やサッカーボールを一人ずつ制作したりと
とても楽しそうでした。

保育大学が終わった後、かざこし子どもの森公園の理科実験ミュージアムに
「保育大学に参加しました」と言って、何人も訪ねてきてくださいました。
理科実験ミュージアムは、後藤先生の想いを実現する為に、そして、子ども達のために
これからも、いつまでも続けていきます。

2012.7.28 朝日新聞関連記事→
続きを読む >>

私の心を動かした科学の体験
後藤道夫先生の体験、考えを、想いのままに書いていただくページです。

後藤道夫先生が子ども達に実験をして科学の不思議さ、面白さを伝える教師なろうと思った体験
理科に対する熱意をこれまでのエピソードを交えて伝えます。


私の心を動かした科学の体験ーその10
M-V-5ロケット

「MV−5ロケットを、科学教室のシンボルに」

「南信州飯田おもしろ科学工房」の活動10周年おめでとうございます。
「理科実験ミュージアム」年々順調に発展し
今や南信州のみならず、長野県全域及び他府県まで、その活動が知られるようになったのは誰もが認める所です。
それも日頃のスタッフの、地域の子供たちに、科学のたのしさと不思議さを伝えようとする熱意と
お互いの協力の結果であり、その努力には感謝に堪えません。
この度、活動十周年を記念しておいで館に、大変見事な「MV−5ロケット」の模型が設置され
私も喜びでいっぱいです。
スタッフ全員の熱意と協力のもとに、このような金属製の大きく立派なロケットがすべて自作で
完成品を自動車に皆で積み込み、「おいで館」に運びこんだのは大変素晴らしい事でした。

続きを読む >>

朝日オーサ・ービジット
朝日新聞社が主催している「朝日オーサー・ビジット」

さまざまな分野の本の著者が、学校を訪れ、出張授業をする「オーサービジット」の講師として
毎年、全国をまわって出前授業を行なっています。

2011年 (福岡県) 福岡県立三池高等学校
2010年(岩手県) 盛岡市立大慈寺小学校
2009年(秋田県) 秋田県立秋田南高等学校
2008年(山梨県) 丹波山村立丹波小学校
2008年(岡山県) 岡山市立吉備中学校 
2007年(長野県) 長野県立飯田高等学校
2007年(神奈川県)横浜市立南山田小学校
2006年(岡山県) 岡山市立伊島小学校 
2006年(富山県) 高岡市立高岡西部中学校
2005年(千葉県) 市川市立富浜小学校
2005年(大阪府) 河内長野市立加賀田小学校


このページの先頭へホームへ