理科実験,科学実験,サイエンスショー,体験,講座,子供,学生

後藤道夫先生 | 南信州飯田おもしろ科学工房

理科実験,科学実験,サイエンスショー,体験,講座,子供,学生
後藤道夫先生の紹介
子どもの喜び支える存在に

信濃毎日新聞 2004/12/27掲載



秋も深まった11月下旬、伊那市の伊那東小学校の五年生32人が
担任の若い男の先生とともに「かざこし子どもの森公園」の「おいで館」を訪れた。
彼らは「おもちゃ作り」を総合学習として取り上げ、ここにやってきたのである。

まずブーメランを作った。
先生は一人一人の児童を回り、助言し、励ました。
ある児童が大変よく手元に戻るブーメランを作った。先生はその子に何か助言を与えた。
やがてそのブーメランは二回大きく回転して手元に戻るようになった。

この子はわれわれが至難と思われる業を成し遂げて楽しんでいる。

次に傘袋で飛ぶ「風船ロケット」を作った。
皆が自作のブーメランと風船ロケットを持って外に出て、広い公園で飛ばした。
一人のブーメランが「おいで館」の屋根の上に飛んだ。

先生は脚立を持ち出し、棒を手にしたが届かない。
皆の注目の中、先生は一人の男の子を軽々と肩車し、彼に棒を持たせ、脚立の上に立った。
ブーメランは舞い下り、歓声が上がった。
このクラスが一つにまとまっている様子に感動した。

木陰で昼食後、「おいで館」に戻り万華鏡を作った。
生徒たちは一人一人違う形の美しい万華鏡を見せ合っては楽しそうな表情を見せていた。
帰り際「来年も必ず来るね」と手を振る子どもたち。
われわれにも何とも清々しい気分が残った。
翌日、速達で届けられた児童全員の感想文には、それぞれに大きな喜びがつづられていた。

その授業からまもなく、経済協力開発機構(OECD)の調査で
日本の子どもたちの学力が低下しているとされ、大きな話題になった。
これは、子どもたちの近くにいる大人の存在も少なからず影響しているのではないか―――。
印象深い授業の後だっただけに、そう思った。

例えばあの先生のように、子ども一人一人に深い「思いやり」を持った人(これこそ教育の原点と思うのだが)がもっとたくさんいれば
言われて久しい「理科離れ」という状況も変わってくるのではないだろうか。

われわれの「理科実験ミュージアム」も、訪れてくる子どもたちの意欲や喜びを支えていける存在であり続けたい、との思いを新たにした。

 


豪雨―子どもへの対応に感動
信濃毎日新聞 2004/11/08掲載



今年は例年にない大型の台風が日本列島を直撃して、大きな被害をもたらした。
雨や風も強く、特に九月初めは何度か豪雨に見舞われた。
われわれ飯田市のボランティア「おもしろ科学工房」が毎週土・日曜日に開く「かざこし子どもの森公園」の「理科実験ミュージアム」にも、ある日突然そうした豪雨が襲った。

園内にはほとんど人は見当たらず、閉館まであと一時間になっていたので、私は図書室に入って文献を調べていた。
ふと子どもの声が聞こえたので図書室を出てみると、異様な光景が見えた。

ボランティアで市職員のKさんは上半身裸で、また小学校低学年の男の子二人は真っ裸で震えていた。
Kさんはタオルで二人のずぶぬれの体を拭いてから、自分が着ていたシャツと下着を二人に着せていたのである。
そばにあった木の枝にはぽたぽたと水が滴る二人のズボンやシャツが干されていた。

私は感動した。
これほどすばやく子どもの危機に対応し、しかも自分が着ているものを提供して助けるという行為はなかなかできるものではない。

私は、Kさんが寒さで風邪をひかないかと心配になった。
それで、Kさんの車に二人の子どもを乗せ、上の公園事務所に連れて行った。
二人を預けて私とKさんは近くの温泉に行き、体を温めながらいろいろ話をうかがった。

彼は1995年の阪神淡路大震災の際
役所に休暇届を出し、仲間とともにただちに神戸に向かって、数日間ボランティア活動をした。
以来現在まで、彼は毎年神戸を訪れて交流を深めていることも知った

そのKさんは先日、神戸の慰霊祭に参加した際、多くの子どもたちがペットボトルのちょうちんを手に行列を作っていたのを見たそうだ。
大変美しく、一本のろうそくで一時間も輝いていたという。

これは停電のときにとても役立つと思い、11月の「理科実験ミュージアム」の実験メニューに加えた。
実験日時や作り方は「おもしろ科学工房」ホームページをご覧いただきたい。

ペットボトルちょうちんの小さな光は、人に対する温かい思いやりの光でもあるように思える。
そうした思いやりの光が束になり、今般の台風災害や新潟県中越地震などの被災地に明るさをもたらしてほしいと願ってやまない。



※ この記事は信濃毎日新聞社様のご協力をいただいて掲載しています。

地域に根付く・・・科学教育の実践
信濃毎日新聞 2004/09/27掲載



今から12年前、「青少年のための科学の祭典」が始まった。
その年、第一回は東京、大阪、名古屋のいずれも科学館を会場として行われ
東京では九段の科学技術館で6日間開催された。
私は当時、日本物理教育学会副会長として、その企画・実行を科学技術庁から依頼され
第1〜4回の全国大会実行委員長として、日本各地におもむき、各地での開催のための手助けをした。

現在、この「科学の祭典」は全国約80の都市で毎年一回ずつ行われ、対象も数十万人の親子となった。
またそれに参加して実験ブースを受け持ち、ワークショップやサイエンスショーを行う小・中・高校、大学の先生方も数千人となり
各都市での大切なイベントに発展してきた。

長野県でも信州大学が中心となって、キャンパスがある長野市、松本市、上伊那郡南箕輪村、上田市などで行われており
2日間で一万人以上の親子が毎年、科学実験を楽しんでいる。

「科学の祭典」は、広く日本中に科学の大切さ、楽しさを伝えるために大変優れた方法であるが
次にわれわれのなすべきことは、こうして芽生えた科学の楽しさを各地域に定着させ、深めていくことである。

それには年一回のイベントではなく、科学教育の毎日の実践が大切である。

私が6年前からふるさと飯田市に来たのは、そのためにほかならない。
市の教育委員会とともに、母親を中心とした教育ボランティア「おもしろ科学工房」を組織し
約40名のスタッフと毎日「巡回科学実験教室」として飯田下伊那地方の小・中学校に赴いて
「モデルロケットの打ち上げ」や「超低温の世界」といった実験を行ったり
週末に「かざこし子どもの森公園」で「理科実験ミュージアム」を開いて親子を対象に「万華鏡作り」などをしたり
中学校の科学部の指導をしたり―――。
そうした取り組みを地道に進めていく中で、この地域での科学教育が定着・深化している手ごたえを感じつつある。


※ この記事は信濃毎日新聞社様のご協力をいただいて掲載しています。


子どもの創造性・・・芽生えるとき

信濃毎日新聞 2004/08/02掲載



飯田市「かざこし子どもの森公園」では、毎週土曜日、日曜日に「理科実験ミュージアム」が開かれ
10時から15時まで、随時、誰でも実験に無料で参加できる。
このミュージアムでは手を使い、頭を使って、一人一人の子どもたちが物を作り出すように工夫されている。

毎回数人の同市科学教育ボランティア「おもしろ科学工房」のスタッフが交代で指導に当たる。
われわれ親や教師や地域社会の大人の責任は、子どもたちに考える素材を与えることだと思う。
どの子も皆、作り考えることが好きで、創造性に満ちている。
ただ、考えたり作ったりする素材が身の回りにないのが現状である。

このミュージアムにはそれがある。牛乳パック、ペットボトル、フィルムケースなど
十数種類の素材がそれぞれ数百、数千個と用意されている。
参加した子どもたちはそれらを自由に持ち出して、自分の創造性を発揮できる。

先日「速く走るモーターカーを作ろう」というテーマで実験が行われた。
広い床に青いシートが敷かれ、その上に数十組親子が座り、モーターカーを作り始めた。
小型モーター、単三電池が各自に与えられ、牛乳パックでボディを作り
フィルムケースで車輪や電池ボックスを作り、モーターと車輪の駆動には輪ゴムをベルトとして用いる。
一時間ほど親子で考えながら作る。

やがて完成し、広い床の上をモーターカーが走り回る。
突然、一人の男の子が、作った自動車を持って私のところに来た。
「先生、いま僕、この自動車をバックさせることができたよ」と言う。
私は驚いた。なぜならわれわれスタッフは、このモーターカーをただ前方に速く走らせることしか考えずに指導していたからである。

これこそすばらしい創造性ではなかろうか。
私は製作に熱中している参加者に呼びかけて、一時作業を中断していただき
この子にどのようにして考え、作ったかを説明し、実験してもらった。
はじめ彼の車は勢いよく前方に走り出した。
次に彼は輪ゴムを外し、8の字形に曲げた輪ゴムを車輪とモーター軸に引っかけて走らせた。
何と勢いよくバックするではないか。

大きな拍手が起こった。誰も考えなかったことを彼は車を作りながら考えついたのである。
「創造性」は自分の手で、頭を使い、考えながら物を作る過程において生じるということがよく分かった。


※ この記事は信濃毎日新聞社様のご協力をいただいて掲載しています。


思いやりの心、育てる教育を
信濃毎日新聞 2004/06/07掲載



教育で最も大切なこと―――。それは人に対する思いやりの心を育てることであり、「自分がして欲しいと思うことを人にしなさい」ということで「黄金律」と呼ばれている。

仏教の法話にこんな話がある。天国と地獄で、数人の人々が一つの鍋を囲んで食事をしていた。
天国では、皆が楽しく談笑しながら食事をしているのに、地獄では殺気だって、けんかをしながら食事をしている。
よく見ると皆70センチほどの長いはしで料理を食べている。
地獄の人々はその長いはしを自分の口に入れることがなかなかできず、いらだって当たり散らしている。
ところが天国では、そのはしを自分ではなく、目の前の人の口に入れるので、お互いが感謝しながら
簡単においしく食べられるのである。

私はあるとき、この話の教訓である「思いやりの心」に出会った。
天竜川近くにある小学校の一年生のクラスで、大きなシャボン玉を作って飛ばす実験をしたときにことだ。
全員が手に丸く布を巻いた輪を持ち、シャボン液の入った大きなタライの周りに立って
代わり番こに液を輪に張って大きなシャボン玉を作る。
しかし、皆早く飛ばしたいので、他の子が輪にシャボン液を張る間がもどかしく、次々と輪を差し込んでしまう。
輪と輪がからんで、結局誰もうまくいかない。皆いらいらしていた。

その様子をじっと眺めていた一人の女の子が私にこう言った。
「先生、私はこう思うんですが、タライの周りに左右一列ずつ並び
代わり番こに一人ずつタライに輪を差し込むようにしたらどうですか」

私はびっくりした。まさにその通り、私は一年生の少女に大切なことを教わったのである。
この少女は、皆が楽しくシャボン玉で遊べるにはどうすればいいかを深く考えていたのである。

この子の両親のしつけと、学校での教育のすばらしさに私は感動した。
思いやりの心は、どんな教科を通じても伝えられるのであり、私はその子の言葉を全員に伝え
至ってスムーズに楽しく実験ができた。
それ以来、どこの学校でも、この実験をするときは彼女の考えを伝え、その方法で行っている。


※ この記事は信濃毎日新聞社様のご協力をいただいて掲載しています。

理科好きの子ども−育てる方法 

信濃毎日新聞 2004/04/26掲載



1999(平成11)年から飯田市教育委員会は、飯田市及び下伊那郡内の小・中学校を対象に「巡回科学実験教室」を始めた。
その実験内容は「100m高く飛ぶモデルロケットの打ち上げ」「超低温の世界」「静電気の不思議」など
なかなか学校ではできない実験で、各学校の要望に応じて、理科や総合学習の時間に行っている。

各人手にしたモデルロケットエンジンに厚紙を巻いてロケット本体とし、先端のノーズコーンや三枚の尾翼をつけ
パラシュートを作って本体に入れ、各人が発射台にセットされた自分のロケットに、友達のカウントダウンとともに点火する。
シューという発射音とともに、空高く飛び上がる。
やがてパラシュートで落下してくるロケットを回収するために、生徒は歓声を上げて飛び出す。

現在まで5年間、すでに数千人がこの実験に参加している。
ロケットの原理を知り、宇宙への夢を抱かせるこうした楽しいロケット教育は、米国ではすでに50年も前からなされているのに
日本の学校において、授業に取り入れているのは、残念ながら飯田市のみではないだろうか。

飯田市教育委員会はさらに、科学教育ボランティア「おもしろ科学工房」を組織した。
現在43人のスタッフは、主婦、市の職員、元教員、会社の技術者などからなる。
ロケットの打ち上げ装置などは、みなスタッフの自作である。

ところでわれわれはすでに多くの児童、生徒たちとともに、こうした理科実験を楽しんできたが
すべての子供たちが、理科が好きで好きでたまらないと思っていることを実感する。
科学の不思議さ、美しさ、面白さを、こうした多感な小・中学生時代に体験させることこそ
創造性を伸ばすために最も必要なことであり、一人一人の生徒たちに、考える素材を与えることこそ
われわれ教師、父母、地域社会の責任だと思う。

さらに一昨年、同市にオープンした「かざこし子どもの森公園」では、土・日曜日に「理科実験ミュージアム」を親子対象に開いている。
スタッフは交代で、連日「実験教室」で学校を回り、週末は公園の「ミュージアム」で実験を指導している。
理科嫌い、理科離れが叫ばれて久しいが、全国に先駆けて、飯田市教育委員会が行っているこのプロジェクトこそ、まさに画期的なものといえよう。


※ この記事は信濃毎日新聞社様のご協力をいただいて掲載しています。



このページの先頭へホームへ